交通事故におけるバイク事故の割合

交通事故とは、バイクなどの二輪車だけに限らず、車や原動機付き自転車などエンジンを主体とした乗り物に乗る人であれば、誰もが経験しかねない、常に気をつける必要のある事柄です。 また、その中でも二輪車に乗っていた場合の事故をおこす割合としては、発生率として、車の約二倍、また、二輪車は、車と違い身体を守るものが何も無い状態であることが多い為、致死率は5倍以上になります。 また、原動機付き自転車と比べても二輪車の方が同じバイクであってもスピードが出やすい為、大きな事故に繋がりやすいものでもあります。 純粋に1人一台のバイクを所持しているといった条件下であれば、75人いたら1人以上はバイク事故を起こしているといった結果も上がっており、二輪車に乗る際には充分な注意と、また服装にも気をつけることが大切と言えます。もし万が一、事故が発生した場合にも、パット付きのジャケットやきちんとしたバイク用のヘルメットを着用することにより、重症に至るケースは軽減します。

バイクの運転で生じる交通事故の共通点

バイクの運転による交通事故を避けるために、スピードを出さない、カーブは必ず減速する、雨天時はゆっくり走行するということです。長く乗っていると感覚的に緊張感がなくなり、気が緩んで走行してしまうことがあります。 バイク事故の共通点は、乗用車との接触事故で、車間距離がつかみづらいということです。正しい車間距離をつかむためには、ミラーでしっかり確認する必要があります。 四輪車よりも視覚的にミラーで確認しにくいバイクでは、右左前後をしっかり見ることが大切です。円を描くようにバイクの周囲に気を配って走ることが安全性を高めることにつながります。 制限速度を超えて走ると四輪車よりも視界が狭くなるので、スピードを出さないようにすることが安全性を高めることになります。 バイク運転の心得として、ゆっくり走り、適度な緊張感をもって走行することが必要です。カーブ前では必ず減速して走行し、前のほうを集中してみることが大切です。

§ 記事リスト §




§ 困ったときはココで解決 §